BACK
|国内旅行

『九十九里』いちご狩り、絶品海産物ランチ、、1日じゃ足りない!!

いちご狩り行かずに春は迎えたくない!

冬といえば、いちごでしょ!!

ということで、千葉県の小山ファームさんにて、いちご狩りをしてきました。笑

季節は春直前の2月末。

滑り込みセーフでした、、、

事前予約をじゃらんさんにて行っていたので、受付は並ばずにスムーズに入れます。

農園の敷地内は家族連れで溢れていました。

開始時間に名前を呼ばれ、小さなプラスチックのお皿を手渡され、ハウスに連れて行っていただきます。

時間は15分間隔の予約で分かれていて、ハウスの中が人で揉みくちゃになることはありません。

ハウス内のいちごは、10種類。

希少な『真紅の美鈴』や千葉限定の『チーバベリー』など、耳にしたことのないような珍しい品種も味わうことができました。

ちなみに、コンデンスミルクの提供は、いちご本来の味を味を味わって欲しいという農園さんの思いから、ありません。

EbZJDXxo7DLrMfMX/o8bV75XvXWNLK6Dl.jpg

どの苺も味わい深く美味しかったのですが、品種によって甘みや酸味が違うことが不思議でした。

それを感じられることが、小山ファームさんの良いところですね。

小山ファームのハウス内で栽培されたいちごのジャムや箱詰めされたいちごも販売されているので、お土産にも良いですね。

制限時間は40分ですが、お腹がいっぱいで満足になり、30分くらいで退散しました。

値段は1人あたり1800円。

大満足でした。

道の駅ならぬ、『海の駅!!』

小山ファームから車を走らせること約10分。

海の駅 九十九里を発見!

EbZJDXxo7DLrMfMX/eAsZbUGSm40atWDo.jpg

◯◯の駅って、魅力を感じませんか?

偶然発見した、海の駅。満喫してきました。

まず、入り口に青いポストが。

EbZJDXxo7DLrMfMX/7ktGO9Hb6YPZajJE.jpg

日本でここにしかない、青いポストらしいですよ。

ベンチに腰掛け、潮風を感じながらお話していました。

その後は、フードコートに。

フードコート、、、ナメてました。

海の駅のフードコートメニューは、いちごを食べたことを忘れるくらい魅力的だったんです!

魚介づくしの絶品ランチ!!

EbZJDXxo7DLrMfMX/PICLnI8aUluUFQRp.jpg

入り口には、ぎゅうぎゅうに泳いでいるイワシくんたち。

そんなイワシをふんだんに使った、いわし三昧!!!

EbZJDXxo7DLrMfMX/1itXOF8Vr8P7RUOG.jpg

新鮮なイワシを、揚げたり叩いたり、色々な方法で調理しています。

なんと贅沢などんぶり!!

ご想像通り、とても美味しいです。

ちなみに、刺身定食も美味しかったですよ。

EbZJDXxo7DLrMfMX/6dZCAZW3BKjzmYox.jpg

海の駅 九十九里

ジャムを溶かしながら飲む紅茶!!

海の駅 九十九里から、アクアラインを使って帰宅するため、帰り道沿いにあるカフェを探していると、ネットでヒットしたため、車で約1時間ちょっと走らせ、行ってきました。

EbZJDXxo7DLrMfMX/Eqn1B0vHmVzotFLq.jpg

木曜舎 VertFonceというカフェです。

店内は、空いており、とても静かでした。

椅子が硬く長居は出来ないかな。

今回は、あんずジャムを使用した紅茶を頂きました。

EbZJDXxo7DLrMfMX/sVkqHYi2flFTb3pQ.jpg

少しづつ溶かしていく、新しいスタイル。

見た目も可愛いし、お洒落な雰囲気で味わえました。美味しかったです。

ランチメニューも美味しそうだったな。

木曜舎 VertFonce

https://mokuyosya.net/fonce.html

まとめ

今回は、いちご狩りを目的に、千葉県九十九里の方まで行ってきました。

いちご狩りだけでも大満足でしたが、九十九里産の美味しい海産物を味わえ、お洒落なカフェもたくさんあり、1日を大満喫できました。

都心からも近くアクセスしやすい千葉県。

また、訪れたいと思います。

EbZJDXxo7DLrMfMX/fUNdp0G8mRKCySjv.jpg