BACK
|国内旅行

『神奈川』梅雨の季節ならではの紫陽花と、6月に美しいナイトミュージアムを堪能

紫陽花を鑑賞しに開成町へ

6月は梅雨真っ只中で雨も多くなりますが、紫陽花の花にとっては喜ばしい季節ですね。雨の中、車で神奈川県の開成町まで紫陽花を見に行くことにしました。

駐車場が近くにあり、少し歩きましたが、入場料は無料でした。開成町の雰囲気としては、田畑が広がる田舎な雰囲気でした。落ち着きます。 開成町は、紫陽花の町として有名で、マップまであるほど、あちらこちらで紫陽花の花を見ることができます。

入り口にはとても大きな看板があり、分かりやすかったです。雨だったので人は少なめでした。

こちらはハートの形をした紫陽花。やはり紫陽花の花は一つ一つのかわいい花が集まって大きな一つの花になっているので、近くで見ると感動します。

こちらは、額縁のようになっていることからガクアジサイと呼ばれています。美しい、、、 そして、すぐ近くにある田んぼと一緒に撮影。

今回は雨が降っていたので、あじさい公園を回るのみでしたが、都会では中々見ることのできない風景を味わうことができました。

純白の森ナイトミュージアム

皆さん、昨年2019年6月に開催されていた厚木市でのイベント、純白の森ナイトミュージアムは、ご存知でしたか?私は偶然インスタグラムの広告で見つけました。これは、厚木市にある森の中の結婚式場アマンダンヒルズで開催されていたナイトミュージアムです。今回ちょうど帰り道で寄れたので行ってみました。駐車場、入場料は無料でした。

夕方に到着したので、まだ室内の明かりを灯す前でしたが、森の自然を目の前にして挙げられる式、素敵だなあ〜と思いながら眺めていました。こちら、夜になり、明かりが灯ると、こんな感じに。。。

一体いくつのキャンドルが置かれているのか、、綺麗でした。

続いて行った別のお部屋がこちら!

普段はきっと食事会場として使われている場所が全く違う雰囲気に。

青いライトが美しさを引き立てていますね。もしイベントが行われていたら、是非行ってみてください。

# まとめ

今回は梅雨の時期ならではの植物、紫陽花を堪能でき、町中に咲く紫陽花に魅了されました。そして、結婚式場のナイトミュージアムでは、クリスマスのような雰囲気を6月に味わえ、入場料も無料でこの満足感。中々無いと思います。充実した1日になりました。皆さんも是非、様々なイベントを見つけてみてください。